2016/6/13特集

カビ対策してますか?第2弾!島野由香里


かび

6月も半ばになり、今年も梅雨の季節がやってきました。

梅雨の時期の悩みといえば…、何でしょうか?

そう、それは、カビです!

梅雨時はカビの発生が特に心配な季節なのです。

 

当コラムでは、浴室や洗濯機などの

水廻りに発生するカビ対策をご紹介してきましたが、

今回は、押入れやクローゼット、下駄箱などの

収納場所に発生するカビ対策を取り上げてみます。

 

 

◎カビを予防する為に

カビを発生させない為の注意点について考えてみましょう。

大事なことは、通気をする!湿気をためない!

 

押入れ・クローゼット

① 底面や壁面は、すのこやシルバーラックなどを利用して、

  収納物とのすき間を作り、通気を良くする。

② 定期的にふすまや扉を開けて、エアコンや扇風機、除湿器などで換気する。

③ 物を詰め込みすぎない。ゆとりをもって収納する。

④ 除湿シートを壁面に張ったり、除湿剤を置く。

 

※天気の良い日に収納物を干し、内側の壁面にカビの発生がないか

 こまめにチェックしましょう。

※しばらく使わない帽子やカバンなどの小物類を、収納する場合でも、

 必ずしっかり干してから、防虫剤と共に不織布などに入れて収納しましょう。

 

下駄箱・シューズクローク

① 扉はできるかぎり開けておき、空気が流れるようにしておく。

② 履いた靴は、すぐに靴箱にしまわず、できるだけ湿気を取ってから収納する。

③ 新聞紙や除湿シートを敷き、その上に靴を置く。

④ 除湿剤を置く。

 

※しばらく履かない靴は、汚れを落としてしっかり干して(革靴は陰干しして)

 防カビ剤をスプレーしてから収納する。

 (靴の中にも除湿剤を入れおくと効果的です。)

 

◎カビが発生してしまったら

もしカビが発生してしまったら、どうしたらよいのでしょうか。

 

収納物は全て取り出し、カビが生えてしまったものは、

カビの胞子が飛び散らないように外に出すか、袋などに入れ、隔離します。

そして、大事なことは、カビの除去、殺菌です!

 

殺菌には、エタノール、逆性石鹸、漂白剤などがあります。

それぞれの特徴を理解しておきましょう。

 

 エタノール 

 殺菌力あり。薄めず、そのまま使える。

 揮発性が高く、早く乾く。

 色は落とせない。

 逆性石鹸

 (オスバン)

 殺菌力あり。200倍に薄めて使う。

 比較的安全な消毒薬。

 色は落とせない。

 漂白剤

 (カビキラー、

 ハイターなど)

 殺菌力と漂白力あり。

 壁面の色も落ちることあり。

 塩素が残らないよう、しっかり拭き取ることが重要。    

 

ポイント

① 常に、窓を開けて換気をする。

② ドライシートや、固く絞った雑巾で拭き取ってから殺菌するが、

  その際、カビが発生していない部分を拭いてしまうと、

  カビが広がるので気をつける。

③ 殺菌後は、雑巾を固く絞ってよく拭き取り、

  扇風機などを利用してよく乾燥させる。

 

衣類にカビがついてしまったら???

家庭で処理する場合、「オスバン」などの消毒薬と、酸素系漂白剤を使い、

少量のカビなら落とすことは可能ですが、カビの範囲が広かったり、

ウールやシルクなど、生地の痛みが心配なものは、クリーニングに出しましょう。

カビがついた衣類をそのままにしておくと、ほかの衣類に胞子が飛ぶので、

気づいたらすぐに処理しましょう。

 

靴にカビがついてしまったら???

革靴は、靴用除菌スプレーを吹きかけるか、

エタノール(消毒用アルコール)を含ませた布で拭いて除菌し、

よく乾かしてから、通常のお手入れを。

(家庭用の除菌スプレー「カビキラー」などは、脱色の危険があるので、

薄めて使いましょう。その際、目立たないところでテストしてみましょう。)

スニーカー(布靴)は、カビをこすらず軽く拭き取り、

色柄落ちのしない漂白剤か、エタノール(消毒用アルコール)で殺菌し、

お湯できれいに洗い流し、よく乾かしましょう。

 

◎除湿剤を手作りしてみませんか?

ビン ビン ビン               

除湿剤の活用も重要です。

除湿剤は普通に市販されていますが、小さなお子様がいらしたり、

天然素材を好む方には、重曹を使った手作りの除湿剤がおすすめです。

重曹には、湿気を吸収する効果と、消臭効果があります。

 

手作りの除湿剤は、容器をおしゃれにしたり、

アロマオイルで香りを楽しむこともできます。

 

作り方は簡単!4

 

◎まとめ

カビの発生は、アレルギーの原因となり、

ひどい場合は、肺炎を発症させる原因になることもあります。

 

家族の健康を守る為にも、住まいのカビ対策は重要ですね。

 

~カビ対策で、スッキリ、快適~

 掃除主婦

 

今年の梅雨も、上手に乗り切りましょう!

 

 

埼玉の不動産 ハウス壱番館の島野でした^^