2015/8/3特集

LDK○○帖!敷地○○坪!ってどのくらい??鈴木智


e98ade49b073f2a19b4d3a2bafb4c4ba_s

不動産会社のHP(ホームページ)や、広告等を見ると

 

『LDK○○帖』

『敷地○○坪』

 

という記載をよく見かけるかと思います。

しかし、これだけで広さをイメージするのは難しいかもしれません。

 

そこで今回は、1帖・1坪というのがどれくらいの広さなのか?

について簡単にまとめてみようと思います。

 

 

1帖は約1.65㎡

畳一枚の面積は、

 

3尺(0.909m)×1間(約1.818181m)=1.65273㎡

 

この数字を少し丸めて1.65㎡として

計算している事が多いと思います。

なので、「和室6帖」という表記があれば、

およそ9.9㎡という事になります。

 

補足として、畳には色々なタイプがあります。

本間、中京間、江戸間、団地間等、それぞれ大きさも違います。

本コラムでは、一般的によく使われている

中京間を基に算出しています。

 

 

1坪は3.30578㎡

1坪は、

 

1間(約1.818181m)×1間(約1.818181m)=3.30578㎡

 

「敷地30坪」の場合、

30×3.30578=99.1734㎡となります。

 

補足として、上記のように1帖は約1.65㎡で、

1坪は約3.3㎡となるので、およそ2倍です。

つまり、1坪は約2帖となります。

 

 

ややこしい尺貫法

尺貫法はメートル法の前に使われていた単位の総称です。

 

上記の計算式でも出てきましたが

「1尺」や「1間」等といった表記の事です。

一般的には使われないのでイメージしづらいと思います。

 

「坪」も、この尺貫法の中の単位の一つです。

よく見る表記ではありますが

不動産関係に詳しくなければ、あまり知らないと思います。

 

補足として、意外と身近にある尺貫法として

お寿司屋で見かける「1貫」や

日本酒等に用いられている「1升」、食パンの「1斤」、

髪を切る時の「5分刈り」なんてのも尺貫法です。

 

 

まとめ

いかかでしたでしょうか?

小難しい計算式などもありましたが

おおよそのイメージは掴めたでしょうか?

 

もし、今後建物の間取図を見る機会があれば

単純に、「1帖は1.65㎡」、「1坪は3.3㎡」で

試算してもらえたらと思います。

 

最後に注意点として

「LDK15帖」と記載されている場合

 

15×1.65=24.75㎡

 

となり、パッと見た感じでは広いかもしれませんが

間取りによってはその広さを感じない事もあります。

 

LDKは、文字の通り

「リビング・ダイニング・キッチン」の

3つを合わせての表記なので

キッチンが5帖あれば、LD部分が10帖になります。

 

LDが10帖だと、16.5㎡となり

思っているよりは狭くなります。

また、LDの形がL字型やヒョウタン型だと

余計に狭く感じると思われます。

 

間取図を見る時は

単純に帖数を見るだけでなく

そのLDKの形や、キッチンの広さにも注意するといいでしょう。

 

埼玉の不動産 ハウス壱番館の鈴木でした^^

物件情報 PICK UP