2015/10/26特集

男性が望む住まい探し!鈴木智


f947dc1905e0feef466c6883154e94df_s

インターネットで住まいを探していると、探す基準として、

「女性目線」で選ぶ事が良いと書いてあるページが多くあります。

 

実際、「女性目線」で作られた住まいは

デザイン性に富み、家事・生活動線が配慮されており、

家族が過ごしやすい生活を送れる仕様になっています。

 

これは、男性から見ても、便利であり居心地が良いものなので

上記のような基準で住まいを探すのは、大変に良い事だと思います。

 

それに比べて、「男性目線」というのはどうでしょうか?

今回は、あまり紹介されていない、

「男性が望む住まい探し」について触れてみたいと思います。

 

 

・建物の仕組みや構造

男性は、理屈を好む傾向があるようです。

 

耐震性や制震性がどのように生まれるのか?

どのような工法、材料を使っているのか?

その仕組みを知る事で、安心するようです。

 

 

・建物に附属する設備・仕様

男性は、電化製品を好む傾向があるようです。

 

パソコンやゲームといったものから

普段使わなくても、浴室乾燥機や食洗機まで興味を持っています。

特に最近では、宅内LAN配線の仕様に喜ぶ方も多いです。

 

 

・一人になれるスペース

男性は、一人になれるスペースを好む傾向があるようです。

 

30~50代の既婚サラリーマンに行った調査(アットホーム調べ)によると

自宅に自分専用の部屋があると答えた男性は38.2%となっています。

(ちなみに女性は、22%となっているようです。)

 

 

img_01_1

 

また、自分専用の部屋を望む理由という

質問に対しては、下記のような結果となっています。

 

 

img_02_1

 

 

そして、そこで行う事として

 

 

img_03_1

 

という結果が出ています。

 

 

まとめると…

男性は、建物の構造や設備・仕様、

間取りについては、自分専用の部屋の有無を重視しているようです。

 

自分専用の部屋については、

インターネットや読書が出来れば良い少しのスペースから

車やバイクをいじるガレージまで幅広くあるようです。

 

 

物件の紹介

1.川口安行原第9 全13区画 A号棟

耐震性に優れていると評判の高い戸建です。

I.D.S-V型工法を採用しており、住宅性能表示制度において

耐震等級・耐風等級・劣化対策等級・維持管理対策等級

ホルムアルデヒド対策等級で、それぞれ最高等級を取得しています。

 

※I.D.S-V型工法は、木造軸組工法の設計自由度と

構造用合板パネル工法の耐震性の高さを併せ持った工法です。

外壁、1・2階床組、屋根を構造用合板で一体化させ、

高い耐震性を実現しています。

 

 

2.さいたま市緑区山崎1丁目 全1棟 1号棟

充実の設備・仕様で満足度の高い戸建です。

浴室乾燥機・食洗機はもちろん、各居室LAN配線が標準装備されています。

また、長期優良住宅の認定を受けており、様々な税制優遇を受けられます。

 

※長期優良住宅とは、長きに渡って快適に住めるよう国の定めた技術基準等を

 満たした認定住宅の事です。

 

 

3.大門町の家 

遊び心や最新の機能がつまった戸建です。

電動シャッター付のガレージと居室が繋がっている為

天候を気にせずに、荷物の出し入れが可能です。

車が趣味であれば、思う存分に車いじりが楽しめます。

 

他にも、LDKのカウンターで、パソコンを使ったり

屋上の庭園でBBQをしたりと、男性の心をくすぐる戸建です。

 

 

4.ル シェール 宮原 全15棟 1号棟

「一番に住む人のこと」をテーマにしている戸建です。

2階の洋室には落ち着いて読書を楽しめる書斎スペースがあります。

パソコンを設置してインターネットを楽しむ事も出来ます。

また、リビングの天井高が2,700㎜~3,250㎜と高く、

ハンモックを設置してゆったりするなんて事も!

 

女性目線にもこだわっており、

シューズクロークやウォークインクローゼットといった充実の収納に

汎用性の高いランドリールームが用意されています。

 

 

家族での住まい探し

いかかでしたでしょうか?

「男性目線」の住まい探しは

 

・理屈

・設備

・プライベートスペース

 

と、なっており、

「女性目線」と比べると、

安全性や利便性に繋がる事もあるとはいえ

若干「ワガママ」な印象があるかもしれませんね。

 

住まい探しは、大変な労力を要します。

家族で得意な分野を分担し、

十分なコミュニケーションを介して

「家族で住まい探し」を行うようにしましょう!

 

 

埼玉の不動産 ハウス壱番館の鈴木でした^^

物件情報 PICK UP