2016/9/5特集

新築建売!諸費用の落とし穴!鈴木智


65534ececaa32e3c1b0601766348b9c3_s

新築戸建てを購入する際に必要となる費用に
様々な諸費用があります。

 

例えば、住宅ローンを借りるのであれば保証料だったり
名義を変更するための登記費用だったり
火災保険料や地震保険料といった費用が諸費用と呼ばれます。

 

他にも、銀行への手数料であったり
印紙代だったりと少額のものも諸費用に含まれます。

 

その中で意外と意識されていない費用が

 

追加工事費用

 

です。

 

新築の建売は、標準仕様以外の
設備については基本的には追加工事となります。
建物の標準仕様は建売業者により違いがありますが
多くの建売が追加工事が必要になります。

 

具体的には、

 

・網戸

・カーテンレール

・シャッター雨戸

・面格子

・TVアンテナ

 

等があります。

 

他にも、フローリングのコーティングや
バルコニーにテラスをつけたり
ウッドデッキをつけたり等、多様にありますが
特に必須なのが上にあげた5項目かと思います。

 

そこで今回は、諸費用を見積もる時に
見落としがちな追加工事についてご紹介したいと思います。

 

 

網戸

あって当たり前の網戸ですが
ついていない建売住宅は非常に多いです。
窓の数でその分値段も多少前後はしますが
おおよそ以下のような費用になります。

 

・2階建て・・・90,000円~

・3階建て・・・105,000円~

 

 

カーテンレール

カーテンレールはお客様の好みで
ロールタイプにしたり、装飾が豪華なものにしたり等
あとからつけられるようになっていて
ほとんどの建売にはついておりません。
一つの窓につき下記のような費用になります。

 

・4,500円~(標準のダブルレールタイプ)

 

 

シャッター雨戸

最近、1階部分に関しては
シャッター雨戸完備の物件が増えてきましたが
まだまだシャッター雨戸が追加工事になる物件が多いです。
2階部分にはつけないようにする方も多いですが
2階部分にもシャッター雨戸があると防災や防犯に役立ちます。

 

・掃き出し窓タイプ・・・80,000円~

・腰窓タイプ・・・・・・70,000円~

 

 

面格子

浴室や洗面所、玄関や階段等に設置されている
小さめの窓には、シャッター雨戸ではなく面格子がお薦めです。
防犯にはもちろん、窓の位置によっては
外からの視線を防ぐのに役立ちます。
面格子もほとんどの建売住宅にはついておりません。

 

・24,000円~(縦格子・クロス格子共に価格は同じです。)

 

 

TVアンテナ

最近では、インターネットTVを利用したり
そもそもTVは見ないなんて方が増えてきているようですが
TVアンテナは多くの家庭がまだまだ必要としていると思います。

 

TVアンテナは通常の屋上につけるタイプの他に
壁面に取り付けるボックスタイプのデザインアンテナがあります。
また、電波が弱い場合はブースターが必要になり、
BSやCSを見たい場合はBS/CSアンテナが別途必要になります。
(BS/CSアンテナを設置の場合はブースターもセットになります。)

 

・通常のアンテナ・・・・・・・・・・20,200円~

・デザインアンテナ・・・・・・・・・29,200円~

・通常のアンテナ+ブースター・・・・35,200円~

・デザインアンテナ+ブースター・・・44,200円~

・通常のアンテナ+BS/CS・・・・・・53,200円~

・デザインアンテナ+BS/CS・・・・・58,200円~

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

上記はあくまで概算で、物件の仕様によって
価格は多少前後するとは思いますが、
大凡のイメージはつかめたでしょうか?

 

予算によっては、冒頭でも書きましたが
フロアコーティングやバルコニーテラス、ウッドデッキの設置を
行いたいお客様もいるとは思います。
他にも、洗濯パンや立水栓の設置、カーポートや駐車場土間施工等
新築建売を購入の際には是非ご相談いただけたらと思います。

 

 

埼玉の不動産 ハウス壱番館の鈴木でした^^

物件情報 PICK UP