2015/5/11特集

スレート屋根・瓦屋根の特徴藤谷 幸生


153

ゴールデンウィークはいかがでしたでしょうか。

連休中は、天候も良く遠方へお出掛けになられた方も

多かったのではないでしょうか。

 

今週から、通常の一週間が始まりますが、頑張って参りましょう。

 

話は変わりますが、今年も梅雨の時期に入りますね。

これから夏にかけて集中豪雨や台風も多くなってきます。

 

今回は、豪雨や台風などから大切な住宅を守る屋根!

洋風的なデザインのスレート屋根・日本の伝統的な瓦屋根の特徴

についてご紹介させて頂きます。

 

スレート屋根の特徴

①素材により大きく変わりますが、瓦の半分くらいの価格で施工

 がでます。

 

カラーバリエーションが豊富で裁断しやすく、複雑な屋根にも

 あわせて施工ができます。

 

素材が軽いため重量をあまり気にせず、構造の設計が可能です。

 

瓦屋根の特徴

①スレート屋根も耐久性は高いですが、一般的には瓦屋根のほうが

 耐久力が高いといわれています。

 

②瓦は高温で焼成しますので燃えにくいです。

 

③スレート屋根に比べて防水能力が高く、遮音性も優れいる

 といわれています。

 

メンテナンス

瓦屋根は、基本的に塗装の必要がなくメンテナンスの頻度は

少ないといわれています。

 

スレート屋根は、定期的に塗装を行わないと耐熱性・防水性等

の性能を維持できなくなってしまうため、

10年~15年程度を目安に塗装を行うのが良いとされています。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

洋風のデザイン重視・価格をお安く抑えたい方は、『スレート屋根』。

 

日本古来の和風造り重視・将来のメンテナンス費用を抑えたい方は、

『瓦屋根』というイメージでしょうか。

 

スレート屋根・瓦屋根とも様々な開発がなされていて、従来の商品より

強化されています。

 

冒頭に記載した様に、屋根は家の中でも、

太陽熱・風雨等を常に受け続ける一番過酷な場所となります。

 

これから、住宅を建設される際には、業者と打合わせの時に

屋根の種類・耐久性・耐熱性・メンテナンスなど確認をして、

選ばれることが重要だと思います。

 

お問い合わせの際は、ハウス壱番館まで

 

 

埼玉の不動産 ハウス壱番館の藤谷でした^^ 

物件情報 PICK UP