2014/7/12特集

絶対後悔しない設備仕様の選び方島野由香里


芝西2丁目全6棟2号棟⑫2

新築一戸建ては高額なお買い物!

少しでも後悔しない為に、失敗談に学んでみましょう。

今回はキッチンと浴室を取り上げ、その対策も考えてみました。

 

①対面型キッチンで失敗した

人気の対面型キッチンですが‥。

狭いし、物が置けない。

作った料理をテーブルへ回り込んで運ばなければならないなど。

 

対策としては、可動式ワゴンを活用し仮置き場にすると便利です。

スペースが可能なら、カウンターキッチンの横に

ダイニングテーブルを設置する方法もあります。

 

②家事コーナーを利用してない

当初は使用するつもりだったが、気付いたら物置に。

 

そのような場合は、パソコンや料理の本、アイロン台を置いてみたり、

家計簿をつけるなど、使用頻度の高い作業ができるよう設置してみると、

家事コーナーをよく使うようになります。

間取りが可能であれば、洗濯機を設置しても。

 

③浴室乾燥機を使っていない

電気代がかかることや、乾燥可能な面積が少ないなど。

 

費用をかけて設置したのに‥。

そうならない為にも、事前に良く調べた方が良さそうです。

ガス式もあれば、暖房機能のみのもの。

涼風機能付きなどさまざまな機能のものがあります。

使用頻度や機能の効率、光熱費など、相対的に検討が必要ですね。

 

④浴室テレビで失敗した

子供がお風呂から出てこない、シャワーで音声が聞き取れない。

垢など汚れの問題など‥。

家族の状況、機能や性能を良く確認する必要がありそうです。

 

まとめ

最新設備も使わなければ無駄な買い物。

あったら便利、でも、なくても困らないなら、

使いやすさや、掃除のしやすさを優先に考えて。

 

建売住宅のように設置済みで販売されている場合、

なかなか難しいですが、

優先順位をきちんとたてて、選ぶことが重要。

 

工夫次第でさらに使いやすく、

便利になることもあるようです。

 

物件リクエストはコチラから

 

埼玉の不動産 ハウス壱番館の島野でした^^ 

物件情報 PICK UP