2018/9/11特集

【30年度版】住みたい街ランキングでも大注目の埼玉県川口市の魅力とは鈴木智


そうだ埼玉に住もう

毎年発表されている

 

「住みたい街ランキング」

 

 

実は今年の住みたい街/総合ランキング(関東版)に埼玉県の

 

「浦和」

 

・「大宮」

 

 

 

が、トップ10に堂々ランクインしていたのをご存知でしょうか?

 

昨年までは、大宮15位、浦和19位
一昨年では、大宮21位、浦和32位
という結果だったのですが、ジワジワと人気を集めてきているようです。

 

 

そんな中、住みたい街/穴場だと思う街ランキング

 

 

川口市 7位

 

 

と、これまた埼玉県の街が堂々とトップ10入りを果たしています。

 

今回は、穴場として注目され始めている
「埼玉県川口市」が総合ランキングでもトップ10入りする事を願って
川口の魅力をお伝えしたいと思います。

 

 

 

人口増加が期待される埼玉エリア

17d84b26e597eedbd307efc27d057ba8_s

4年前に弊社コラムにて

 

【26年度版】人口増加が期待される埼玉エリア

 

 

と題して、どの地域も年々人口が減り続けている中で、
これからも人口増加が期待されるエリア(埼玉県政発表)が
あるとお伝えしましたが、川口市もそのエリアとなっていました。
現在の人口はというと、

 

 

  平成26年度 平成30年(1月1日時点)
川口市 583,989人 600,050

 

 

16,061人増となっており、徐々に人口が増加しているのが分かりますね!

 

 

 

 

人口推移の前月からの増加数を見てみると
川口市は422人増となっており、現在もまだまだ増加しています! 

埼玉県推計人口表(平成30年8月1日時点)より

 

 

 

内閣府が発表している「人口が増加している市区町村の特徴」では
有効求人倍率が高く、安定した雇用機会に恵まれている事や
住環境整備や子育て支援等の施策への取組により、
若い世代の住民の暮らしやすさが向上していると触れられています。

 

また、人口が増加した市区町村では、
20歳代から40歳代の人口構成割合、出生率が高く
子育て世代の割合が多くなっているようです。

 

子育てしにくい社会と言われている現代で
子育て世代の割合が多い地域というのは
安心できる環境が整っている事も予想出来ますね!

 

 

 

都内と変わらない!?最高の利便性を誇る川口市の魅力とは

149f075fe845c9ce63a085d58f544a50_s

こちらも弊社コラムになりますが

 

 

都内と変わらない!?最高の利便性を誇る川口市の魅力とは

 

と題して、どこに行かなくても川口で全て揃ってしまう
最高の利便性を誇る川口市についてご紹介させていただきました。
こちらも良かったら覗いてみてください!

 

 

 

実は中核市になっていた川口市

平成30年4月1日から川口市は中核市となっています!

 

「何だそれは?」

 

と言われてしまいそうですが
中核市とは、

 

地方自治法第252条の22第1項に定める政令による指定を受けた市

 

です。

 

 

「ちょっと何を言っているか分かんないです…」

 

 

そうですね、分かりにくいですね(汗)

 

簡単に言えば、これまで埼玉県が窓口であった様々な行政サービスが
川口市で受け付ける事が出来るようになりました。

 

具体的に一例をあげると、
保育園や障がい福祉サービス等の許認可を市が行う事により
対応がスピーディになったり
地域の声に準じたサービスを提供出来るようになります。

 

このようなサービスの拡充は
住みやすさをまた一段と感じる事例だと思います!

 

 

 

お願い住んで川口市

d0ceb195844ae146d418b443d5d92b13_s

昨年一部で話題になった川口市が公開したCMをご存知でしょうか?
通常の地方公共団体のCMは、
特産品であったり、名所ポイントを紹介するのですが

 

 

「お願い住んで川口市」

 

という内容で、「自虐的なPR動画」として注目されました。

 

 

他にも

 

「イイ。川口」

「イイよ。川口」

「もっとイイ。川口」

 

というユニークなシティプロモーションや
きゅぽらんというイメージキャラクター等が川口市を盛り上げています!

 

ホームページもあるので良かったら覗いてみてください!

 

川口市の魅力発信と定住促進サイト 

 

 

 

 

翔んで埼玉

埼玉を舞台にした映画が来年公開されます。
(監督は、「のだめカンタービレ」や「テルマエ・ロマエ」シリーズの武内監督。 )

 

上記の、「お願い住んで川口市」と同じように
埼玉県を自虐的にとらえた映画で、これまた一部で話題になっています。

 

1982年に発表された漫画ですが
2015年に復刊され、一部メディアで報道されたところ
SNS等で爆発的な反響を呼び、ついに実写化されることに!

 

埼玉は古来より、「ださいたま」などと揶揄されてきたためか
自虐的な部分が多いのですが、興味があれば是非ご覧ください!

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

4年前と比べて、人口も増加しており
中核市として街の利便性も上がってきている川口市。

 

住みたい街/沿線ランキングで第3位の
JR京浜東北線利用という所も魅力の一つ 。

 

埼玉を舞台に映画が作成されたり
川口市により様々なプロモーションが行われていて
今後も大注目の市となりそうです!

 

住みやすさが上昇すると、賃貸では家賃が
売買では物件価格が高騰してきます。

 

これからも人気沸騰していくであろう川口市に、
まだ都内に比べると安い物件が多い
今のうちに住んでみませんか?

 

川口で、物件を探していらっしゃる方は

エリア検索で是非探してみてくださいね!

      ⇓  ⇓  ⇓

 

 >>戸建を探すならこちらから<<

 

 

>>中古マンションを探すならこちらから<<

 

 

>>その他、何でもお気軽にお問合せ下さい<<

 

 

 

また次回の不動産豆知識ブログをお楽しみに! 

埼玉の不動産 ハウス壱番館の鈴木でした^^

物件情報 PICK UP