2017/11/27特集

不動産を購入する時にかかる税金とは?坂口修


a0002_010815_m

今回は、不動産を購入する時にかかる税金について書こうと思います。

憧れのマイホームを手に入れようとするときに『必ずかかる』税金です。

 

不動産といっても幅広いですね。

 

『土地を買って建物を造る』

『新築一戸建て(建売)を買う』

『中古一戸建を買う』

『マンションを買う(新築・中古)』等

 

不動産を購入し、所有すると必ず税金がかかります。

 

では、どのような税金なのでしょうか?

 

購入時に一回だけ支払う税金、購入後毎年支払う税金があります。

 

 

購入時に一回だけ支払う税金とは

 

印紙税

契約の時に、契約書に貼る印紙代。

購入金額(契約金額)により印紙代は変わります。

 

例)3500万円の場合は、10,000円の印紙代がかかります。

※軽減措置により減額された金額です。         

 

登録免許税

所有権などの登記をするときに課税される税金です。

不動産の価格は原則として、固定資産課税台帳に登録された価格

(固定資産税評価額)です。

※自己の居住用の住宅を、新築または取得した場合は軽減措置が設けられています。

 

不動産取得税

不動産を取得(購入)したときにかかる税金です。

※登記の有無や法人・個人は問いません。

 

購入後毎年支払う税金とは

固定資産税

不動産を所有すると、毎年かかります。

 

都市計画税

固定資産税と同じく毎年かかります。

※軽減措置はありません。自治体により税率も異なります。

※市街化区域のみに都市計画税がかかります。

 

固定資産税・都市計画税の支払いは、各自治体より毎年5月位に

封書でご自宅まで郵送されます。

自治体によって変わりますが、おおよそ年4回に分けて支払います。

 

まとめ

いかがでしたか。

不動産を購入すると必ず税金がかかります。

購入時に一回だけ支払う税金や、購入後に毎年支払う税金など。

 

専有面積(延床面積)が50㎡以上あると、軽減が受けられます。

参考になれば幸いです。

 

川口市・蕨市・戸田市・さいたま市の新築一戸建て、中古マンションを

お探しの方はこちらから、物件検索ができます。

 

お問い合わせはこちらから

 

埼玉の不動産 ハウス壱番館の坂口でした^^ 

物件情報 PICK UP